災害医療歯科学講座

神奈川歯科大学大学院歯学研究科では、災害時の歯科医療のあり方を総合的に研究すること及び災害時に高い実践能力を備えた歯科医療従事者の養成を目指すため、平成24年度に本邦初の「災害医療歯科学講座」を新設しました

本講座新設の背景

東日本大震災において、歯科医師が様々な現場で貢献していたことは余り知られていません。特に、災害直後は歯が身元確認に大きく貢献しました。また、義歯を紛失された方が非常に多く、食事に困難をきたす状況の改善に貢献しました。しかしこれら歯科医師の活動は充分準備されたものではなく、場当たり的に行われたのが実情で、災害時の歯科医療のあり方を総合的に研究することが緊急かつ重要な課題となっています。

大震災の直後、神奈川歯科大学では附属病院による被災地支援を行ったり、歯学部法医歯科学講座(山田 良広教授)においては、DNA鑑定による身元確認でご支援しました。また震災後には、神奈川歯科大学の所在する横須賀市は活断層の集中地帯であることから、大震災の影響によって地震発生の確率が大きく高まっていると報告されたため、横須賀市と防災協定を結び、大学としての役割を積極的に果たしてきました。一方で、社会的にも大震災時における歯科医師の必要性への認識が進み、モデルコアカリキュラムや歯科医師国家試験出題基準にも「災害」のキーワードが含まれるようになってきました。

しかし現状は、卒前および卒後教育において、災害時に対応した歯科医師を養成するためのカリキュラムを本格的に導入している教育機関はまだ多くありません。これは歯科医療の大学院教育における専門家の養成不足が大きな要因であると考えられます。そこで神奈川歯科大学大学院歯学研究科では、この度「災害医療歯科学講座」を設置し、世界に先駆けた災害歯科医療研究の構築と、その専門家育成を目指すこととしました。

研究教育方針

本講座は大学院歯学研究科の取り組みとして研究教育を行う方針であり、オープン講座制をとり大学院教授の多くが併任します。また、主任教授には法医歯科学講座の山田 良広教授が就任しました。大学院生の募集は、平成25年度春季に開始しました。教育面では、歯科大学では珍しいAutopsy Imaging(AI)センター(高橋 常男教授)を生かし、ユニークな教育プログラムを設置しています。また高度診療協力専門職養成コースにおいては、歯科医師以外の医療従事者にも門戸を開いており、広く人材を求めています。

文部科学省私立大学戦略的基盤整備支援事業として

前述のように、これまで災害と歯科を関連させた研究は非常に立ち遅れており、世界的にみても災害歯科医療についての系統だった研究は行われてきませんでした。そこで神奈川歯科大学大学院では文部科学省私立大学戦略的基盤整備支援事業に「横須賀・湘南地域における大規模災害時の歯科医療実践モデルの創出と人材育成拠点の形成」を提案し、平成24年4月に採択されました。また、本講座を母体として、この事業の中心的役割を果たす横須賀・湘南地域災害医療歯科学研究センター(センター長:平田 幸夫教授)を設立し、平成24年度より運営を開始しています。

以上を踏まえ神奈川歯科大学大学院では、横須賀・三浦半島地域を拠点として、学術的には世界に先駆けた災害医療歯科学研究の構築と同時に、歯科医療の面から災害に強い地域作りに貢献することを目指しています。