基幹研究プロジェクト

神奈川歯科大学大学院基幹研究プロジェクトとは

歯学専攻は、歯科医療に必要な5つの課題を掲げ、その課題解決を目指して大講座が編成されている。この大講座の重要なmissionの一つが大講座基幹研究プロジェクトの推進である。大講座基幹研究プロジェクトは、各講座の受け持つ課題の解決を分野横断型研究で実施し、神奈川歯科大学の研究力を社会に還元することで、建学の精神の実現を目指したものである。

新神奈川歯科大学大学院 大講座基幹研究プロジェクトの概念

歯科医学が解決しなければならない5つの課題と対応講座

全身管理医歯学講座 超高齢社会は、全身疾患との関連を重視した高度な歯科医療の 充実が必要であり、摂食嚥下を含め全身管理に造詣の深い高度な専門性を有する歯科医師が不足している。特に本学の位置する横須賀市は高齢化が顕著であり地域への貢献も求められる。
口腔統合医療学講座
高度先進口腔医学講座
近年歯科医学も専門分科が進み高度化した半面、総合的な視点として小児から高齢者を取り扱うライフコースに基づく一貫した歯科医療の観点が失われていると同時に、包括的ケアを含めて総合化できる歯科医師が不足している。臨床研究dataセンターを設立し、新領域の研究を本学から世界にアピールする。
災害医療歯科学講座 災害の頻発に対する災害医療歯科学の推進と災害時迅速に対応できる指導的な歯科医師が不足している。三浦半島の活断層は、地震災害を起こすことが推測されており三浦半島の災害時の歯科医療の充実は欠かせない。
顎顔面病態診断治療学講座 増加を示す口腔癌に対する歯科医療の高度化が必要であり、腫瘍学に対する造詣の深い高度な専門性を有する歯科医師が不足している。
口腔科学講座 口腔と全身の関連の科学的解明を進展させる必要があり、基礎研究の充実と臨床応用できる臨床研究を主とする歯学教育・研究者が不足している。本学がリードしてきた研究領域であり、研究の進展が必要である。

▼

講座基幹研究プロジェクト

プロジェクト名 リーダー
認知症患者の各ステージにおける口腔機能管理の包括的戦略 森本 佳成
歯科大学による健康長寿に向けた口腔管理アプローチシステムの樹立 三辺 正人
ライフステージを見据えた睡眠時無呼吸症候群に対する歯科的アプローチ 有坂 博史
口腔癌におけるPET検査を用いた腫瘍悪性度評価の試みと頸部リンパ節転移に対する正診率向上に関する研究 岩渕 博史
口腔機能を指標とした生活習慣病のリスクスクリーニングとリスクマネジメント 松尾 雅斗
高齢者の根面う蝕有病状況と関連要因の解明および根面う蝕予防プログラムの開発 山本 龍生

大講座基幹研究若手プロジェクト

プロジェクト名 リーダー
口腔の健康をはじめとした生活スタイルの改善によって循環器疾患を予防できるか 青山 典生

▼

目指す社会貢献

歯科医療への貢献 高度な歯科医師の養成アカデミック・リサーチ・スペシャリスト
横須賀三浦半島への地域貢献 地域振興・災害歯科医療対策の充実
世界と競合できる臨床に還元できる研究による貢献 臨床研究の発信
ステークホルダーに対する貢献 健康寿命の延伸

▼

建学の精神の実現

プロジェクトリーダー

神奈川歯科大学は、認知症の方の「ず~っと食べる」と「健康」を応援します!

PHOTOプロジェクトリーダー・森本佳成は、歯科麻酔学および口腔外科学を専門とし、これらを融合・昇華させて高齢者歯科学を専攻しています。従来、進行した重度の認知症高齢者では協力が得られないため、歯科診療はあきらめざるをえませんでした。本研究プロジェクトを通して、軽症から重症の認知症の方まで、安全な歯科医療環境を提供するシステムを確立することをめざします。これにより、認知症の方の「ず~っと食べる」と「健康」を応援してゆきます。

認知症患者の各ステージにおける
口腔機能管理の包括的戦略
森本 佳成

皆で健康長寿を目指す神奈川歯科大学発ヘルスプロモーションプロジェクト!

PHOTO特に歯周病と糖尿病に関する地域連携事業、臨床研究を行ってきました。
新病院で新しく開設された医科歯科連携センターを中核に、生活習慣病や老年症候群の未病検査、診断を実施し医科歯科連携してヘルシイエイジングに貢献できるためのエビデンスを構築していきたいと思います。

日本歯周病学会指導医・専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本口腔検査学会認定医
日本糖尿病学会会員

歯科大学による健康長寿に向けた
口腔管理アプローチシステムの樹立
三辺 正人

神奈川歯科大学から睡眠時無呼吸症候群に対する歯科からのアプローチの提案!

PHOTOこれまで、専門の麻酔科学の研究の観点から、睡眠時無呼吸症候群の臨床と研究に携わってきました。以前、私たちが発表した総義歯と睡眠時無呼吸との関連(総義歯を装着することにより夜間の睡眠時無呼吸が改善する)についての論文(「Effects of wearing complete dentures during sleep on apnea-hypopnea index.」 International Journal of Prosthodontics 2009: 22; 173-177 )は、これまで多くの英語論文で引用されています。「歯科の視点で医科の課題を解決する」を目標に今回のプロジェクトに取り組みたいと思います。

専門医資格:日本麻酔科学会麻酔科専門医・指導医

ライフステージを見据えた
睡眠時無呼吸症候群に対する歯科的アプローチ
有坂 博史

神奈川歯科大学からPET検査で口腔癌治療を向上させる!

PHOTO顎顔面病態診断治療学講座顎顔面外科学分野准教授、日本口腔外科学会認定口腔外科専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医で、口腔がん治療に一貫して取り組んでおり、高齢者のがん治療、がん化学療法、がん化学療法時の消化器症状への対応方法などが主な研究分野。また、核医学を用いた唾液腺機能の研究などを行っている。

口腔癌におけるPET検査を用いた腫瘍悪性度評価の試みと
頸部リンパ節転移に対する正診率向上に関する研究
岩渕 博史

神奈川歯科大学発、口腔科学で健康づくり!

PHOTO出身は鎌倉、大学・大学院と神奈川歯科大学に育ててもらった地域に根ざした歯科医師・研究者です。学生には歯や口、顔の『かたち』を学ぶいわゆる解剖学・組織学と呼ばれる科目を担当しています。研究はインプラントや歯周病に関する再生歯科医療が専門で、より美しい笑顔を取り戻すことを目指しています。このプロジェクトでは海外でも講演や論文発表をする本学が誇る研究者が集結して歯科に存在する多様な問題を解決し地域社会に還元していきます。ご期待下さい。

神奈川歯科大学・歯学部卒 (歯科医師)
神奈川歯科大学大学院・歯学研究科卒 (歯学博士)
Karolinska institute (Stockholm, Sweden)留学
神奈川歯科大学大学院 口腔科学講座 教授

口腔機能を指標とした生活習慣病の
リスクスクリーニングとリスクマネジメント
松尾 雅斗

神奈川歯科大学から歯根むし歯予防プログラムの開発

PHOTO平成元年に岡山大学を卒業後、同大学の大学院歯学研究科で予防歯学を専攻し、大学院修了後は同大学の助教、講師を務めました。平成21年から神奈川歯科大学で講師、准教授を務めた後、平成27年に教授を拝命しました。「一生自分の歯で食べられる社会の実現」を目標として、歯の喪失の二大原因であるう蝕(むし歯)と歯周病の予防に関する研究を行っています。本プロジェクトでは根面う蝕の予防プログラムの開発に取り組みます。

高齢者の根面う蝕有病状況と関連要因の解明
および根面う蝕予防プログラムの開発
山本 龍生

歯周病からはじめる、生活習慣病予防モデル地区の構築!
(大講座基幹研究若手プロジェクト)

PHOTOプロジェクトリーダー・青山典生は、歯周病学を専門として、これまで歯周病と循環器病のかかわりについて研究を進めてきました。歯周病は、全身の多くの病気とかかわっています。しかし、歯周病の予防がどれくらい全身の健康につながるかについては、まだよく知られていません。歯周病ケアから生活習慣の改善を進めることで、世界に先駆け、神奈川発の健康モデル地区の構築を目指します。

日本歯周病学会 歯周病専門医

口腔の健康をはじめとした生活スタイルの改善によって
循環器疾患を予防できるか
青山 典生

外部評価者・ステークホルダー

基幹研究 外部評価者 ステークホルダー
基幹研究1 湘南医療大学
リハビリテーション・
看護学科
柴田昌和教授 歯科臨床医
介護福祉関係者
生活習慣病患者
基幹研究2 日本歯科大学
生命歯学部衛生学講座
福田雅臣教授 医療従事者
介護関係者
公衆衛生関係者
予防製品取り扱い企業
患者
一般住民
基幹研究3 東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科
高齢者歯科学分野
戸原玄准教授 認知症患者とその家族
介護者
基幹研究4 神奈川県立保健福祉大学 中村丁次学長 フレイルや認知症など健康寿命延伸を阻害する老年症候群患者および生活習慣病を保有する疾患リスクの高い患者とその予備群
基幹研究5 日本歯科大学
新潟生命歯学部・
睡眠歯科センター
河野正己センター長
教授
睡眠時無呼吸の患者
基幹研究6 日本歯科大学
新潟生命歯学部
歯科放射線学講座
土持眞教授 附属病院通院中口腔がん患者
大講座基幹研究
若手プロジェクト1
東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科
生涯口腔保健衛生学分野
荒川真一教授 歯周病患者
循環器疾患の高リスク者